北京四合院リノベーションホテル

ホテル
北京

1.リノベーションホテルブーム

リノベーションホテルが人気である。
古くは箱根の富士屋ホテル、日光の金谷ホテルなどクラッシクホテルが人気であり、最近では京都の町屋を改造したホテルなどが人気を集めている。
さらに、これらのホテルは日本人にだけでなく、インバウンド観光客からも人気を集めている。
いわばワールドワイドの人気である。
なぜなのか?
それは新しい高級ホテルでも出せない「かっこよさ」があるからである。
例えば古いポルシェや、古いベンツなども世界的に人気がある。その時代の最先端のデザイン、その時代の雰囲気を反映したデザインが、時を経て、今では出せない「かっこよさ」を醸し出すからである。

2.北京四合院

北京四合院と言うと、行ったことがある人ぐらいしか分からないかもしれない。
ラストエンペラーの世界と言えば何となく分かる人もいるのだろうか?
黄昏の清朝末期の北京を想像して欲しい。
故宮、入り組んだ路地、そこを行きかうたくさんの人たち。
北京四合院ができたのは12世紀でありその歴史は非常に長い。
もともとは皇帝に仕える貴族が住んでいたところであり、エリアも故宮近くである。
四合院は中庭を中心とする密閉性の高い住居として作られており、門は一つしかない。
そこに一族が肩を寄せ合って暮らしていたのだ。
とてもプライベートな空間に作られている。
その後、清朝が滅亡し、貴族も住まなくなり、一般大衆が移り住み、一つの区画を分譲してたくさんの人が住むようになった。
そして古い街区として再開発の対象となり、どんどん取り壊され、今では全盛期の三分の一以下しか残っていない。
そんな四合院だが現代の目で見ても「かっこよさ」がある。歴史が無言で語りかけてくる「かっこよさ」である。

3.都会の喧騒から逃れて四合院で過ごす

北京は中国の首都である。人も多いし、天安門の近くは特に警備も厳重である。
こんな北京の喧騒の中にあって、四合院は静かにたたずむ。
今や四合院は贅沢な施設である。
もともと故宮の近くにあり、北京の中心に所在する。
しかも、中庭を囲むクローズドな作りとなっており、プライベート空間を重視する作りになっている。
こんな作りの住まいを現代の発想で作るのは難しい。
もっとアクセスが良く、もっと利便性が高く、もっと豪華に、こういう発想からは生まれない、まさに歴史が生んだ至宝である。
ここに現代的な美意識を持ち込むとどうなるのか?
見事な化学反応が生まれるのである。
「アーバンリゾート」そんな言葉が思い浮かぶ。

4.気に入った宿とコミットメントを持つ

人生は短い。
だったら自分の気に入ったものとコミットメントをもったらいいのではないか?
ここで紹介している四合院の宿は、年間チケットが買える、更に投資もできる。
別に利回りだけではない。気に入ったものにお金を使う喜び、気に入ったものを身近な存在にできる喜び、そんな喜びを素直に表現して良い時代になったのではないか?
人生は短い。
自分を表現する、自分という存在を人に表現できる、自分という存在を実感できる、そんな時間の使い方をしても良いのではないか?
そんなことに想いを巡らせることができる、北京四合院の宿である。

問い合わせする

Other Stories

自分のスポーツチーム

スポーツチームのスポンサー

スポーツ
和歌山県

無人島

奈良県

ハンター入門

ハンター

Holaに登録しよう
最新トレンドをGET!