無人島

和歌山県

1.大人の夢としての無人島

無人島を所有してみたい、そんな夢を見たことはないだろうか?文字通り自分だけの島である。
これは世界共通の夢だと思う。
海外ではプライベートアイランドという言葉で、プライベートビーチのようにリゾートサービスが提供されている。
またレオナルドディカプリオのようにプライベートアイランドを所有しているセレブもいて成功の証でもある。

2.まずは体験してみること

無人島はどんなところか知りたくないだろうか?
海から食べられるものを調達して食事をする、島に落ちているものや自然界のものを利用して調理する、夜はキャンプファイヤーの火を囲む。
そんな体験をしてみたくはないだろうか。
少しでも心の琴線に触れる部分があれば、まずはやってみると良いと思う。

3.サバイバルプラン

今回紹介するのは無人島のサバイバルプランである。
和歌山県の関空近くにある無人島で大阪からのアクセスも良い。
和歌山県随一と言われる透明度の高い海、チャーター船でしか行けない秘密の場所、程よいフィールドサイズ、トイレもない超サバイバルなロケーションである。
サバイバルに必要なアウトドア用品は全てレンタルで調達できるため、思いついたらすぐ気軽に体験できるのが嬉しい。
料金は1泊1人22000円で4人から申し込める。
無人島の醍醐味だけを味わって、また日常の世界に帰ってくる。
そんな緩急付いたライフスタイルを送ってはいかがだろうか。

問い合わせする

Other Stories

世界を旅する

クルージング

旅行

Holaに登録しよう
最新トレンドをGET!