スポーツチームのスポンサー

スポーツ
自分のスポーツチーム

1.成功したら何をしたいか?

成功したらどのようなことをしたいだろうか?高級車を買う、豪邸を買うなど色々あると思うが、スポーツチームを持ちたいと思ったことがある方はいないだろうか?
昔から自分の名前をどこかに刻みたいという欲求を持っている人は大勢いた。
神社の寄進で名前を書いてもらう人達も純粋に信仰心からという人もいるだろうが、成功の証、力の証みたいな人はいただろう。
 

2.スポーツとファンマーケティング

スポーツの特徴はチームと強いコミットメントを持つファンの存在と言える。
昨今、ファンマーケティングが流行っているが、これからはエモーショナルなファンを育て、そのファンに購入してもらう方がより企業にとってコミットメントの高い顧客が付くので良いというトレンドだ。
例えばポテトチップス好きの選手があるポテトチップスのブランドが好きだと言えば、ファンも買う。

3.スポーツチームのスポンサー

今回ご紹介するスポーツチームのスポンサーは、個人のスポンサーである。
スポンサーになれば、チームのホームページにおなたの名前が載り、オフィシャルイヤーブックにも名前が載る。スポーツ観戦のためのVIPルームも使い放題となる。
ミニマムは100万円からである。チケットの転売は駄目だが、あなたの知り合いをVIPルームに招待できる。
「今日は私がスポンサーをやっているチームの試合を見よう」というセリフが言えるのだ。

4.スポンサーはオーナーへの第一歩

スポーツチームは一般的に一気にオーナーにおなることはできない。スポンサーを何年も続けて、良い関係が築けた時に初めてスポンサーの話が出てくる。
だけれどもスポンサーにならなければ、オーナーへの道も開けない。
あなたもスポーツチームのスポンサーになって、オーナーへの第一歩を踏み出したらいかがだろうか。

問い合わせする

Other Stories

世界を旅する

クルージング

旅行

Holaに登録しよう
最新トレンドをGET!