マレーシアスタートアップツアー

スタートアップ
クアラルンプール

1.スタートアップとマレーシア

スタートアップを立ち上げる人達に注目されている国がある。
それはマレーシアである。
試しに検索してみほしい。
「マレーシアで法人立ち上げ」といった記事がたくさん出てくる。
なぜ注目されているのか?
それは国を挙げてスタートアップを応援しているからである。
マレーシア政府はマジック(MaGIC、Malaysian Global Innovation and CreativityCentre)というイノベーションセンターを作っている。

2.マレーシアのメリット

まず東南アジアで英語が公用語になっている国はマレーシアとシンガポールがある。
英語が公用語だと、色々とコミュニケーションが取りやすい。
スピーディーに成長したいなら、コミュニケーションコストを下げることが重要である。
次にシンガポールであるが急速に経済成長していることもあり物価が上昇している。
経済が成長していることは良いことだが、スタートアップにとってはコスト上昇はきつい。
そこでマレーシアに注目が集まるのだ。

3.法人設立環境が整っている

マレーシアでは外国人が100%持ち株現地法人を立ち上げられる。
外国人が現地法人を作ることに対して非常にオープンなのだ。
タックスヘブンの環境も整っている。ラブアン島という島がタックスヘブンである。
ラブアン法人というものがあり、一部の例外を除き法人税率が3%である。
ただしあくまでも租税回避が目的なので、ラブアン法人は現地法人とは異なりマレーシア国内で事業を行うことはできない。

4.マレーシアが生んだスタートアップ企業

このようなマレーシアはどのようなスタートアップ企業を生んだのであろうか。
代表的なものとしては配車アプリの「グラブ」とLCCの「エアアジア」が挙げられる。
グラブはマレーシアの人のアンソニー・タンによって始められた。
エアアジアはクアラルンプールを拠点に作られた。

5.スタートアップツアー

こんなマレーシアでスタートアップツアーを体験してみてはいかがだろうか。
日程は以下の通りである。
まずクアラルンプールに来てもらう。
(1日目)
マレーシアの起業家と交流する。
これらの起業家は日本人でありエンジェルでもある。
(2日目)
大学を見に行く。
就職課と交流できインターンと話せる。
ここにはエンジニアやデザイナーがいるので、IT系の企業であればメリットがある。
料金は二日間合わせて1人3万円である(食事代と移動の交通費込み。価格は時期によって多少の変動要素あり。)。

問い合わせする

Other Stories

自分のスポーツチーム

スポーツチームのスポンサー

スポーツ
和歌山県

無人島

奈良県

ハンター入門

ハンター

Holaに登録しよう
最新トレンドをGET!